便秘、下痢を伴う自律神経失調症の症状

便秘や下痢は腸の働きに異常がある時に起こるのですが、大腸の働きは自律神経によって支配されています。
腸は蠕動運動(イモムシののような動き)で食べた物を移動させていくのですが、この動きは自律神経のうちの副交感神経が働くことによって行われ、交感神経によって抑制されてバランスをとっています。

蠕動運動が正常に行われていると正常な便意が起こり、大腸で適度に水分が吸収されるのでよい形の便が排泄されますが、副交感神経が働かないと腸が痙攣して蠕動運動が止まってしまうので便秘になってしまい、逆に副交感神経の働きが強すぎると細かく痙攣するような蠕動運動が起こり、大腸で十分水分が吸収されないまま急激に移動するため、下痢を起こしてしまいます。
ですから、精神的なストレスによって自律神経のバランスが崩れると、下痢や便秘を起こしやすくなり、場合によっては下痢と便秘が交互に起こることもあります。
また、ガスが溜まってお腹が張ったり、おならがよく出るといった症状も現れます。
ストレスが原因によるこれらの症状は過敏性腸症候群と呼ばれていて、ストレス社会となった現代では過敏性腸症候群を訴える方が非常に増加しています。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。