自律神経ってどんな神経?

自律神経失調症がどんな病気なのかを理解するためには、まず自律神経がどのような神経でどのような働きをしているのかを知る必要があります。

自律神経とは、自分の意志では働かすことのできない、体の機能を自動的にコントロールしている神経のことを言います。
例えば、心臓の動きや呼吸、胃腸の働き、血液の巡りなどは、私たちが意識しなくても勝手に調整されていますよね。
これの機能をコントロールしてくれているのが自律神経なのです。

自立神経には、交感神経と副交感神経があり、この2つの神経が通常お互いに相反する作用を行ってバランスをとることにより体の機能を正常に働かせています。
交感神経は主に緊張しているときなど体が活動的な時に働く神経で、交感神経が働くと、心臓の働きが活発になって鼓動が早くなり、瞳孔が開き、血管が収縮し、胃腸の働きが抑えられるなどします。
これに反して、副交感神経は、リラックスしている時に働く神経で、心臓の働きが緩やかになり、瞳孔が縮小し、血管が拡張し、胃腸の働きが活発になります。

このように自律神経は、交感神経と副交感神経が1日の生活リズムや環境の変化にそれぞれが対応し、制御し合うことによって、うまく機能している訳です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。