自律神経の各器官への作用

自律神経の交感神経と副交感神経は互いに相反する作用で制御していますがが、各器官へはそれぞれ以下のような働きをしてバランスをとっています。
自律神経失調症になって自立神経のバランスが崩れると、片方への作用が強くなり、症状として現れるのです。

交感神経

器官

副交感神経

散大

瞳孔

瞳孔

収縮

分泌量減少

唾液

唾液

分泌量増加

心拍数増加

心臓

心臓

心拍数減少

収縮
→血圧上昇

末梢血管

末梢血管

拡張
→血圧降下

拡張

気管・気管支

気管・気管支

収縮

運動促進

胃

運動抑制
胃液分泌増加

グリコーゲン分解
→ブドウ糖の放出

肝臓

肝臓

グリコーゲン合成

排尿筋の弛緩
→排尿抑制

膀胱

膀胱

排尿筋の収縮
→排尿促進

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。